サミュエル・L・ジャクソン最新作で大統領役に挑戦

遅咲きの名優として知られているサミュエル・L・ジャクソンが、次回作の『ビッグ・ゲーム』でアメリカ合衆国大統領役を演じる事が明らかになりました。彼は名脇役としても知られており、初期の頃の作品『星の王子ニューヨークへ行く』や彼の存在感を決定付けたあの大作『スターウォーズ』エピソード、そして『トリプルX』シリーズなど数々の作品に出演しています。コメディー作品からSFファンタジー、アクション映画まで幅広く活動しハリウッドスターの重鎮にまで上り詰めた彼。誰もが気さくでフレンドリーな印象を抱く彼は芸能人やセレブ界でも顔が広く、そのお茶目でユニークな人物像は映画史上最多レベルの出演依頼を呼び寄せました。彼が世界最高の興行収入総額を上げたというギネス記録を保持しているのも、単に100本以上と出演作品が多いという理由だけでなく、実力や人望の厚さはもちろんサミュエルのみが持つ独特の個性やパーソナルアイデンティティーが特出した結果だと思います。普段はフランクな彼ですが、今回の『ビッグ・ゲーム』ではいつものキャラクターとは少し違ったイメージの大統領役とあってどんな見せ方をしてくるのか今から楽しみです。

Posted in 映画 | サミュエル・L・ジャクソン最新作で大統領役に挑戦 はコメントを受け付けていません。

トクホと栄養機能食品の違いとは

日本では、医薬品に関する薬事法や栄養食品に対する保健機能食品制度など様々な区分があります。特に勘違いしやすいのは特定保健用食品と栄養機能食品の分類で、その違いは消費者庁の認可を受けているかどうかにあります。特定保健用食品とはいわゆるトクホと呼ばれる食品の事で、具体的にどういった効果が得られるのかといった許可表示内容を明記する事が出来ます。トクホに認定されたという事は国にその食品の効能や安全性が実証されているという事で、消費者庁認可のマークが義務付けられています。これに対し栄養機能食品とは消費者庁の認可を受けているわけではなく、明確な効果が実証されているわけではありません。例えばサプリメントはこの栄養機能食品に分類されますが、具体的にある疾患が改善されますとか健康になれるといった表示がされている場合これは違反となってしまう訳です。栄養機能食品の表示内容はそのメーカーそれぞれに任されているのが現状なので、ここに曖昧さが生じてしまっているのです。国が定めたそれぞれの栄養成分の規格基準に合った表示がされていて、なおかつ普段の食事の補助的な役割をしているのがこの栄養機能食品なのです。一日の摂取量などの正しい飲み方や食生活の補助といったサプリ本来の正しい位置づけを良く理解し摂取する事が大切です。また、実際の消費者の口コミなどを参考にするのも一つの糸口ですが、それが本当であるかどうかよく吟味する事も大切です。保健機能食品の効果というものはあくまで個人差があるものであり、自分の体調や栄養状態と相談して選ぶようにしましょう。

Posted in サプリメント | トクホと栄養機能食品の違いとは はコメントを受け付けていません。

DVDやサントラも発売されているヒット作品

その迫力ある映像のみならずバックミュージックにも定評のあるカーアクションシネマ。音楽を手掛けたのはロックからクラシックまで幅広いキャパシティーを持つランディ・エデルマンです。オリジナル・サウンドトラックにはオープニング曲である「Feuer Frei」(撃て!)やエンディング曲である「Adrenaline」(アドレナリン)などが収録されていて、まさにエネルギー全開といったアルバム編曲。かと思えば、主演のヴィンとヒロイン役のアーシア・アルジェントのキスシーンにも少しシャイなザンダーのイメージがマッチしていて、アメリカンな雰囲気を盛り立てていました。予告編PVも織り込まれた初回限定版のツイン・パックには、2作目であるネクストレベルも同時収録されていてシリーズのあらすじが一気に楽しめます。ダイナミックな映像技術や卓越したミュージック効果などとにかく評判が良い名作で、また繰り返し見たくなるという印象を持っています。

Posted in トリプルX | DVDやサントラも発売されているヒット作品 はコメントを受け付けていません。

キーパーソンとなる元恋人のレティが再登場!

いよいよ日本公開を迎える『ワイルド・スピード EURO MISSION』ですが、毎回グレードアップされていく車種や英国ロンドンの歴史ある市街地が舞台というポイントはもちろん、その入り組んだ人物相関図がもう一つの見どころとなっています。主役のドミニクとその相棒ブライアンを取り巻く美女の存在は、映画画面を華やかにするだけでなく愛の絆や新たなる謎を投げかけます。それは、既に他界したはずの恋人レティの生存の事実です。かつて共闘関係にあったFBI捜査官ホブスはヨーロッパに枝を広げ活動する組織を追い、その捜査協力をドミニクに求めます。最初は一蹴するドミニクでしたが、ホブスが切り札として提示したのはなんとその組織に与している様子のレティの写真でした。ショックを隠せないドミニクでしたが、その真実を探るためホブスの提案に乗り仲間とともにヨーロッパに飛ぶ決心をします。待ち構えているのは、元エリート軍人で組織の頂点に立つショウの存在と本格的過ぎるマシンの数々。レベルが違い過ぎる闘いに、ドミニクはどう立ち向うのか!?そして元恋人レティの真意とは・・・!?今回レティが復活した事により一作目のドリームチームが再結成され、ドミニク役のヴィン・ディーゼルを筆頭にブライアン役のポール・ウォーカー、今回のキーパーソンであるレティ役にミシェル・ロドリゲス、ブライアンの恋人でドミニクの妹でもあるミア・トレット役にジョーダナ・ブリュースターなどメインキャストが勢揃い。公式サイトでは無料で放映されている予告動画やキャラクター紹介などコンテンツが充実していて、その圧倒的な登場車種のアクションシーンや飛行機までも登場する壮大なスケールに既に驚かされてしまいました。

Posted in 映画 | キーパーソンとなる元恋人のレティが再登場! はコメントを受け付けていません。

補うのではなくプラスに向上させる植物の力ファイトケミカルス

最近よく耳にするキーワードのファイトケミカルスとは、炭水化物、脂質、蛋白質、ビタミン、ミネラル、そして食物繊維に次ぐ比較的新しい栄養素の区分です。トリプルXの一つのセールスポイントとしても知られていますが、これまでの栄養素と違う点は、不足すると体に何らしかの影響が出てしまう他の必須栄養素と違って、フィトケミカルは摂取しなくても生体活動にはこれといって支障を与えません。これまでの栄養学では「体に足りない養分を補う」という考え方をしていましたが、このファイトケミカルスに関しては「更なる健康や美容など幅広い観点から人体をプラスに導く」という、考え方そのものの原理がこれまでと異なります。これはひとえに、ファイトケミカルスの成分そのものが植物が自分自身を守る為の物質であり、植物にしか作り出せない自己防衛成分だからです。例えば害虫などの外敵から身を守る為に植物内で抽出された苦みや渋み成分、または色素成分がそのままポリフェノール類やカロテノイド類などのファイトケミカルスに分類されます。なぜこの事が「人体をプラスに導く」事になるのかというと、このファイトケミカルスに共通している特徴として、体内に取り入れられ変化した活性酸素を除去するという効果が高い要素として挙げられます。活性酸素は本来O2である酸素の電子が体内に取り入れられる事によって電子を一つ失い、他の元素と結合してしまう事で人体に悪影響を与える成分を生み出したり、老化現象を早めてしまう特徴があります。この活性酸素を除去し高い抗酸化作用を発揮する事によって、ファイトケミカルスは様々な病気の予防や高い美容効果、ストレスの軽減など通常の健康状態よりも更に上を行く新たな成分だと注目されているのです。

Posted in サプリメント | 補うのではなくプラスに向上させる植物の力ファイトケミカルス はコメントを受け付けていません。

最新映画情報『アフターアース』大好評公開中

先週の金曜日、遂に日本公開を迎えたSFサバイバル『アフター・アース』。アメリカでは5月31日に公開されていて、全米チャートでは同時期に公開されている『ワイルド・スピード Euro mission』や『グランド・イリュージョン』に遅れを取り現時点での3位を記録していますが、これからの盛り返しに期待したい所です。なんと言ってもこの映画の一番の話題は、あの名優ウィル・スミスの主演に加えその実の息子ジェイデン・スミスの夢の親子共演の実現という点です。Wスミスの親子共演は2006年『幸せのちから』以来7年ぶりで、その時もかなりの反響を呼んでいました。肝心の評判は、近未来スペクタクルとヒューマンドラマのエッセンスが一作品に取り入れられた感動作、と言った所。宇宙探検、漂浪からの未知なる惑星に不時着といったSF映画でよくある設定ではなく、人類が地球から別の惑星に移住し千年の時が経過した3072年という舞台設定からのスタートとなります。人望の厚い兵士であるサイファとその息子キタイは宇宙探索の末、見知らぬ星へと到着します。しかしそここそ人類からかつて捨て去られた地球であり、その後独自の生態系が進化し続けている事実に直面します。その生態系の根源にあるロジックこそ人類を消去する事であると知ったキタイとサイファは、数々のアクシデントを乗り越え親子の絆を深めて行きます。

Posted in 映画 | 最新映画情報『アフターアース』大好評公開中 はコメントを受け付けていません。

男性に発症する疾患であるATR-X症候群とは

なかなか聞き慣れない名前を持つATR-X症候群とは、ヒトの染色体のうちX染色体に存在しているATRX遺伝子の構造が正常でないことから発症する先天的な疾患です。なぜ男性にのみ発症するのかという点を説明すると、これはこの原因遺伝子がX染色体にのみ乗っている事に起因します。女性はX染色体を2本持っているのでそのどちらかに原因遺伝子が存在していても実際に発症することはなく、保因者となります。しかしXYという染色体形式を持つ男性の場合、否が応でもこの責任遺伝子を受け継ぐ事になり罹患者となってしまうのです。外見症状としては症状は顔貌や骨格の異常が顕著で、精神面や運動機能の発達の遅れも見られます。合併症としててんかん症状が見られる事がありますがデパケンRなどの薬剤で対応することもあるようです。また、この疾患の大きな特徴として、赤血球内にあるヘモグロビンという酸素を運ぶ物質の構造が異なっている事が挙げられます。グロビン中に計2つずつ存在するはずのαサラセミアとβサラセミアのうちαサラセミアが足りない状態で、その分βサラセミアに過剰が見られます。以上に挙げた所見から、この疾患はX連鎖αサラセミア症候群とも呼ばれています。

Posted in トリプルX | 男性に発症する疾患であるATR-X症候群とは はコメントを受け付けていません。

ワイルドスピード第6作CMに金爆を起用!

ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーの名コンビがあらゆるカーバトルを繰り広げる人気カーアクション映画、ワイルド・スピードシリーズの最新作『ワイルド・スピードEURO mission』の日本公開に伴い、いよいよテレビスポットCMの放映が開始されました。豪華出演人や見事にチューンナップされた車種の数々に加え、なんとアフレコに金爆ことビジュアル系エアーバンド、ゴールデンボンバーが抜擢!とは言っても出演人キャストのアテレコではなく、車のエンジン音やクラッシュ音、はたまたハトの鳴き声と言った効果音の吹き替えを担当。ハリウッド進出とまでは行かないまでも、全国ロードショーに先駆けた公開記念イベントに登場した金爆のメンバーたちは、本人たちをイメージしてペイントされた痛車と見事にコラボレーションしていました。ゴールデンボンバーが日本版CMの吹替え役を務める事になったきっかけはエアギター担当の喜屋武さんが自身のブログで最新作への参加意欲をのぞかせたことであり、半分実現と言った所でしょうか。いずれにせよCMも本編公開も待ち遠しい期待作です。

Posted in 映画 | ワイルドスピード第6作CMに金爆を起用! はコメントを受け付けていません。

相互作用して吸収されるビタミンB群の働きと欠乏症

ビタミンを始めとするあらゆる栄養素は、総合的に摂取して初めて身体に吸収されるという事は栄養学の基本的な原則です。特にビタミンB群においてはその特徴が顕著で、B1、B2、B6の三種類に関しては同じ摂取量を同時に摂る事が理想とされています。糖質の分解を担当するB1と脂質の代謝を担当するB2、そしてたんぱく質の合成に関わるB6。どれも人体の基礎構築と代謝、循環に関わる重要な成分なのでこのトリプルバランスが崩れると様々な問題が起こってくるのです。例えばB1の欠乏により糖質の分解が正常に行われなかった場合、疲労物質である乳酸が溜まってしまい疲れやすくなってしまいます。またB2の欠乏は脂質の代謝が円滑に行われなくなり肥満症などの生活習慣病に導いてしまいます。そして、B6の欠乏により人体そのものであるタンパク質の合成がスムーズに行われなくなるので、皮膚や粘膜の健康維持能力が低下し肌荒れや口内炎など様々な諸症状を引き起こします。特にB2とB6は関係性が深く、体内に摂り入れられたB2がB6をタンパク質の補酵素としての活性型ビタミンに変化させ皮膚や粘膜の生成に繋がっていくので、共生関係にあるビタミンと言われているのです。

Posted in サプリメント | 相互作用して吸収されるビタミンB群の働きと欠乏症 はコメントを受け付けていません。

『ワイルドスピードEURO MISSION』CM放映開始!

いよいよ来月の7月6日に迫った『ワイルド・スピードユーロミッション』の公開に先駆け、TVコマーシャルでの放送が始まりました。洗練されたドライビングテクニックによる軌道の残影が見事に画面映えし、インパクトとエレガントさが同居したような仕上がり。予告動画なども既にアップされていて、ますます期待が高まります。また、CMでは舞台がヨーロッパであることが分かり、欧州の赴きある佇まいを駆け抜けるアルファロメオがど派手に登場!まさに破格のカーアクションシネマがこの夏上陸するのです。監督はシリーズ3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』からジャスティン・リンが務め、ドミニク&ブライアンのメインコンビを中心とするオールスターティングメンバーが復活。既に全米で公開された原題『Fast&Furious6』のオリジナルサウンドトラックも販売され、映像美とともに音楽のクオリティーも高い評価を受けるこのシリーズの実力を再認識する事ができます。

Posted in 映画 | 『ワイルドスピードEURO MISSION』CM放映開始! はコメントを受け付けていません。

日本人にも増加している過敏性腸症候群

胃腸が弱い人って意外にも多いですよね。下腹部にガスが溜まったり、宿便がなかなか出なかったりとお腹の問題は軽く見られるものではありません。突然おそってくるゲリにも困り者です。常に快便な状態ではなく、しかもレントゲンや血液検査はもちろん大腸に内視鏡を入れて検査してみても原因が分からないこの諸症状の事を過敏性腸症候群といいます。ストレスが原因ともされ、日本を始め先進国に多い現代病とされています。医療用語でIBSと呼ばれるこの症状の直接的な症状は、腸管運動異常や消化管知覚過敏に伴う腹痛や突発的なゲリ、慢性便秘などです。また、常に腹部に不快感やいつ来るか分からないというプレッシャーを抱えているため疲労感や不安感を感じやすく、うつ傾向が見られる場合もあります。例えば感染症や免疫疾患など治療法や原因が明確な症例ではないので、常日頃から規則的な生活を心掛け少しでもストレスを軽減する事が唯一の予防法と言えそうです。充分な睡眠は社会的ストレスや心身の疲れを癒してくれます。規則正しい生活を続ける事は難しいかもしれませんが、継続は力なり!意識を少し変えただけで結果的に良い効果に循環されるのです。

Posted in トリプルX | 日本人にも増加している過敏性腸症候群 はコメントを受け付けていません。

正しい知識と自分で判断する能力を身に付ける

一昔前より格段にニーズが高まったこのサプリメント業界。今やドラッグストアやインターネットウェブサイトでも様々なサプリメントが販売され、消費者はより良い商品を選択する余地に恵まれています。しかしここで気を付けたいのがマスメディアなどの過大な宣伝文句に流されない事です。その成分に対し良い部分だけを特筆して紹介し、飲み合わせや注意事項などの説明が不十分であるケースも少なくありません。ここで重要なのは、流されている情報を全部鵜呑みにせず自分の判断力をしっかり持つ事。確かに通販番組から流れてくる謳い文句は効き目抜群に感じてしまい魅力的ですが、実際に蓋を開けてみるとアレ?なんて事も少なくありません。大切なのは一度立ち止まって冷静に考える事と基礎的な栄養学などの知識を最低限身に付ける事だと思います。これをメディア・リテラシーと呼び、メディアに流されず自分の持っている正しい知識で判断するということです。例えば栄養学では基本的な事ですがビタミン各種はそれぞれ共生し合っていて、ただビタミンCだけを大量に摂っても体外に排出されてしまいます。そういったバランスを考えて初めて理想的な組み合わせの物を選び、食生活にプラスする事が大切です。

Posted in サプリメント | 正しい知識と自分で判断する能力を身に付ける はコメントを受け付けていません。