『ワイルドスピード EURO MISSION』いよいよ本日公開!

今までにも何度も予告し、管理人自らも楽しみにしてきた『ワイルド・スピード Euro Mission』がいよいよ本日日本公開となりました。原題は『Fast&Furious6』で、全米での興行収入は34万ドルを超しており全米映画チャートではダントツの1位を獲得。さすがアクション大国アメリカだけあって、やはり豪快なドライビングテクニックやターボ全開のカーバトルシーンはアメリカ国民の心を鷲掴みにして離さないようです。そして、極めつけは前作『MEGA MAX』からの登場となるドウェイン・ジョンソンの存在。“彼がシリーズ物に参戦するとヒットする”というジンクスを持っており、確かにそのパワフル過ぎる強面からはヴィン・ディーゼルたちスターティングメンバーの存在感を圧倒してしまうほど。ある意味、そのヒット請負人の異名を取るドウェインの方程式にどう太刀打ちするかが課題とも言えそうです。本編あらすじはドミニク役のヴィン率いるドリームチームとドウェイン演じるFBI捜査官ホブスが最強タッグを組み、欧州を拠点に活動を広げている巨大組織に対抗するというもの。戦車や飛行機、特殊車両まで登場するシリーズ最高のスケールを誇る反面、ドミニクの元恋人のレティの再登場で謎が謎を呼ぶ展開に。ダイナミックなアクションシーンを全面に出しつつシリアスな要素も加わり、ストーリーに厚みを出しています。

This entry was posted in 映画. Bookmark the permalink.

Comments are closed.