サミュエル・L・ジャクソン最新作で大統領役に挑戦

遅咲きの名優として知られているサミュエル・L・ジャクソンが、次回作の『ビッグ・ゲーム』でアメリカ合衆国大統領役を演じる事が明らかになりました。彼は名脇役としても知られており、初期の頃の作品『星の王子ニューヨークへ行く』や彼の存在感を決定付けたあの大作『スターウォーズ』エピソード、そして『トリプルX』シリーズなど数々の作品に出演しています。コメディー作品からSFファンタジー、アクション映画まで幅広く活動しハリウッドスターの重鎮にまで上り詰めた彼。誰もが気さくでフレンドリーな印象を抱く彼は芸能人やセレブ界でも顔が広く、そのお茶目でユニークな人物像は映画史上最多レベルの出演依頼を呼び寄せました。彼が世界最高の興行収入総額を上げたというギネス記録を保持しているのも、単に100本以上と出演作品が多いという理由だけでなく、実力や人望の厚さはもちろんサミュエルのみが持つ独特の個性やパーソナルアイデンティティーが特出した結果だと思います。普段はフランクな彼ですが、今回の『ビッグ・ゲーム』ではいつものキャラクターとは少し違ったイメージの大統領役とあってどんな見せ方をしてくるのか今から楽しみです。

This entry was posted in 映画. Bookmark the permalink.

Comments are closed.