正しい知識と自分で判断する能力を身に付ける

一昔前より格段にニーズが高まったこのサプリメント業界。今やドラッグストアやインターネットウェブサイトでも様々なサプリメントが販売され、消費者はより良い商品を選択する余地に恵まれています。しかしここで気を付けたいのがマスメディアなどの過大な宣伝文句に流されない事です。その成分に対し良い部分だけを特筆して紹介し、飲み合わせや注意事項などの説明が不十分であるケースも少なくありません。ここで重要なのは、流されている情報を全部鵜呑みにせず自分の判断力をしっかり持つ事。確かに通販番組から流れてくる謳い文句は効き目抜群に感じてしまい魅力的ですが、実際に蓋を開けてみるとアレ?なんて事も少なくありません。大切なのは一度立ち止まって冷静に考える事と基礎的な栄養学などの知識を最低限身に付ける事だと思います。これをメディア・リテラシーと呼び、メディアに流されず自分の持っている正しい知識で判断するということです。例えば栄養学では基本的な事ですがビタミン各種はそれぞれ共生し合っていて、ただビタミンCだけを大量に摂っても体外に排出されてしまいます。そういったバランスを考えて初めて理想的な組み合わせの物を選び、食生活にプラスする事が大切です。

This entry was posted in サプリメント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.