Category Archives: トリプルX

自分で出来る遺伝子キットで自己管理医療を

ヒトの遺伝子を解明する生物学的研究は1865年のメンデルの法則の発表から続く1869年のDNAが発見されて以来長きに渡って行われ、DNAとはA,G,C,Tという四種類の塩基から構成されている事が分かりました。更にこのDN … Continue reading

Posted in トリプルX | 自分で出来る遺伝子キットで自己管理医療を はコメントを受け付けていません。

七夕の遺伝子はなかなか受け継がれない2人の悲恋慕

今日は織姫と彦星が一年に一度だけ会えると言われている七夕ですね。普段2人の間を隔てている天の川を越え、めでたく逢瀬を果たす2人。古来からの行事である五節句の一つである七夕の起源は案外古く、奈良時代に中国から伝来したのが始 … Continue reading

Posted in トリプルX | 七夕の遺伝子はなかなか受け継がれない2人の悲恋慕 はコメントを受け付けていません。

遺伝子の仕組みと変異について

人体を構成している細胞の中には細胞核と呼ばれる生体物質があります。そして、その核の中にXとYの対22組の常染色体と1組の性染色体があり、性別や性質を決める鍵のような役割をしています。そして、この染色体はそれぞれ30億個の … Continue reading

Posted in トリプルX | 遺伝子の仕組みと変異について はコメントを受け付けていません。

DVDやサントラも発売されているヒット作品

その迫力ある映像のみならずバックミュージックにも定評のあるカーアクションシネマ。音楽を手掛けたのはロックからクラシックまで幅広いキャパシティーを持つランディ・エデルマンです。オリジナル・サウンドトラックにはオープニング曲 … Continue reading

Posted in トリプルX | DVDやサントラも発売されているヒット作品 はコメントを受け付けていません。

男性に発症する疾患であるATR-X症候群とは

なかなか聞き慣れない名前を持つATR-X症候群とは、ヒトの染色体のうちX染色体に存在しているATRX遺伝子の構造が正常でないことから発症する先天的な疾患です。なぜ男性にのみ発症するのかという点を説明すると、これはこの原因 … Continue reading

Posted in トリプルX | 男性に発症する疾患であるATR-X症候群とは はコメントを受け付けていません。

日本人にも増加している過敏性腸症候群

胃腸が弱い人って意外にも多いですよね。下腹部にガスが溜まったり、宿便がなかなか出なかったりとお腹の問題は軽く見られるものではありません。突然おそってくるゲリにも困り者です。常に快便な状態ではなく、しかもレントゲンや血液検 … Continue reading

Posted in トリプルX | 日本人にも増加している過敏性腸症候群 はコメントを受け付けていません。

染色体の相互転座とは

私たちの人体を形成している細胞内に存在している染色体は標準であれば23組のX染色体またはY染色体のセットで構成されていて、46本から成り立ちます。しかしその数が多い場合や、その23対のセットがまるまる倍数の場合などもあり … Continue reading

Posted in トリプルX | 染色体の相互転座とは はコメントを受け付けていません。

自分に合った1本を選ぶ事で飛距離がアップする

スポーツショップに並ぶ色々なゴルフクラブから自分に最適な1本を選ぶ上で重要になってくるのが、ヘッドスピードやシャフトの硬度です。このシャフトフレックスとは、単純に硬ければ良いというわけではなく、自分のヘッドスピードを測定 … Continue reading

Posted in トリプルX | 自分に合った1本を選ぶ事で飛距離がアップする はコメントを受け付けていません。

染色体の数的異常の分類について

ヒトを始めとする生物の細胞核には、2対のペアになった染色体というものが入っていますが稀に1本多かったり、逆に少なかったり3本以上あるケースもあります。これを染色体の数的異常と言い、この場合多くは出生に至らないか先天的異常 … Continue reading

Posted in トリプルX | 染色体の数的異常の分類について はコメントを受け付けていません。

常染色体13番目の過剰により発生するパトー症候群

眼球の異常や多指症、心奇形などの先天的症状を持つパトー症候群は、別名13トリソミーと呼ばれる染色体異常で重度の精神遅延症状を伴います。遺伝子の核の中に存在するXまたはYがペアになっている常染色体のうち、13番目のペアーが … Continue reading

Posted in トリプルX | 常染色体13番目の過剰により発生するパトー症候群 はコメントを受け付けていません。

同じ性染色体でも全く異なる働きを持つ理由

ヒトを始めとする哺乳類、鳥類、魚類、両生類などありとあらゆる生物が共通して持っている生体物質、それが染色体です。特に性別を決定する為の性染色体はXとYから成り、Y染色体を持つ生体は雄となります。さて、同じ性染色体でもそれ … Continue reading

Posted in トリプルX | 同じ性染色体でも全く異なる働きを持つ理由 はコメントを受け付けていません。

母系遺伝を辿る傾向にある膠原病とは

膠原病とは、関節炎の症状を示す慢性関節リウマチや皮膚症状の特徴が著しい強皮症、全身の関節炎と共に内臓への症状も伴う全身性エリテマトーデスなどに代表される原因が特定されていない疾患です。一括りに膠原病と言ってもその症状は様 … Continue reading

Posted in トリプルX | 母系遺伝を辿る傾向にある膠原病とは はコメントを受け付けていません。